”保健”情報

じょうずなてあらいのしかたをおぼえよう

トータス保育園足立区南花畑園では、園が再開することに重要な衛生活動の一環として、ベネッセコーポレーションの幼児の教育・成長支援ブランド「こどもちゃれんじ」の「先生用 手洗い指導教材」「園児用 手洗いシート」を取り入れました。保育者と一緒になってマネをしながらじょうずな手洗いを身につけられるよう、毎日楽しく行っています。

保育所での衛生管理について

衛生的な保育環境を提供するために、日々の衛生管理による対策を行い、感染症の流行状況などを職員同士で情報共有し把握することで意識を高めて実践していくことが大切です。保育所では多くの子どもたちが一緒に生活をする場所ですので、日頃からの予防には正確な情報・知識をもって対策を行います。手洗いは重要な感染防止対策です。洗い方によっては汚れが落ちていない場合もあります

保育園で流行する病気と対策

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。冬場は気温が低く、寒くて乾燥しているためウイルスや病原体がひろがりやすい傾向にあります。夏場よりも体力や免疫力が弱くなり、気道や粘膜が乾燥しがちなため感染症にかかりやすいといわれています。令和2年初めての投稿は、『保育園で流行する病気と対策』につ

食事について Vol.1

初の投稿となる今回は、「子どもの食事」について書いてみたいと思います。 野菜が苦手な子、魚や肉が苦手な子、噛む力が弱く吐き出してしまう子など、保育園の昼食では日常的な場面のひとつです。保育士はプロだから苦手な食材も食べさせるのが上手だ!と思われる方もいると思いますが、それは勘違いです。一人ひとりどう関われば苦手な食材も食べてくれるのか、美味しく楽